薬剤師の転職理由と就職事情

職場の人間関係

 せっかく薬剤師として働いていても、人間関係がきっかけとなって転職をすることになる人はたくさんおられます。多くの薬剤師は、できればいい人がたくさんいる職場で働きたいと思っています。

 しかし、調剤薬局などでは人も少ないですし、今まで一緒に働いている人とうまくいっていたとしても、ちょっとしたことがきっかけとなって関係が悪化してしまうことも珍しくないのです。薬局は人数も少なくとても狭い世界なので、その場にいることが耐えられなくなってしまい、結局転職となってしまう場合も少なくありません。

 薬剤師として働く場合には、どうしても人間関係の問題が起きてしまって、どうしようもなくなって転職してしまうことがあります。そうならないためにも、何かあったときに相談をすることができる先輩や同僚など、仲間を作っておくことが大切です。

 一人で抱え込むのではなく、誰かに相談をすることができる環境があれば、乗り越えることもできます。また、その職場のいい面を見つけるように努力します。悪いところばかりに目を向けるのではなく、いい部分に目を向けるのです。相手の主張にも耳を傾けるなど、自己中心的にならないようにすることも大切です。

仕事が不満

 薬剤師の転職のきっかけで多いのは仕事への不満になります。具体的には業務について相談したいことがあってもそれがしにくい環境であることなどになります。そのため自分の働きやすい環境が作れなくなるのです。

 また薬剤師の仕事は多忙であることが多く、自分の休みたいときに休めずいつもシフトは先輩や上司が優先になるというのも不満の原因となるのです。あと業務の内容に対して給料が見合っていないというのも転職のきっかけとなります。そのような問題が生じた時には問題を解消する努力をするよりも辞めるほうが多いのです。

 今の仕事に不満があってもそう簡単にやめられない方も多いでしょう。その場合は思い切って掛け合ってみるのも方法です。人間関係を改善してほしい事や意見を言いやすい環境にしてほしい、給料を増やしてほしいなど言えばいいのです。もしもそれで解決されないなら辞めましょう。

 辞める覚悟があるなら一度言ってみるほうが得策です。もしもこれで改善されればムダに職場を変える必要もありませんし慣れた環境でこれから楽しく働けるでしょう。解決できなかった場合には今度は同じ問題が生じない環境を慎重に探してください。

残業が多い

 薬剤師として働いていて収入が安定していても、転職を考える人はおられます。人間関係という理由で職場を変わりたいと思う人もおられますが、残業が多いという理由で職場を変わりたいと思う人もたくさんおられるのです。

 残業は職場によってあるところや、ないところがあります。気をつけることは、給料で惑わされないことです。給料がよくて就職しても、薬剤師が一人しかいない職場だったりすると、休みも取りづらいですし、なかなか仕事が終わらなくて帰ることができず残業がとても多くなってしまうというところがあるからです。

 転職のきっかけを作らないために、薬剤師の専用サイトから職場を探すのがおすすめです。専用のサイトであれば、きちんとコンサルタントがどのような職場なのか教えてくれます。どのような職場なのか教えてくれるので、安心して入社をすることができます。

 人間関係など、自分では絶対に分からないようなことも、コンサルタントは調べてきて教えてくれます。休みが取りづらい職場なども中にはあるので、きちんと情報をゲットしてから入社をすることが大切です。そうしなければ、入ってからこんなはずではなかったということになってしまいます。

夜勤が多い

 薬剤師が転職を考えるきっかけに、夜勤が多いことをあげる人もいます。他にも残業が多いとか、休日が少ないことをあげる人もいます。なかには今の職場の条件面には満足しているけど、今の職場にはやりがいを感じないので、もっとスキルアップをしてやりがいを感じられる職場で働きたいという人もいます。

 希望通りの求人を探すのは難しいですが、求人サイトに登録して探せば、希望通りの求人を探しやすいです。求人サイトでは、一般では公開していない、高待遇の非公開求人も紹介してくれるので、より希望通りの求人が見つかりやすいです。

 今の職場は夜勤が多いのでプライベートの時間がとりにくいという薬剤師の方もいます。転職のきっかけは、人によっては様々ですが少しでも条件の良い職場を探すなら、ハローワークや一般情報誌で探すよりは、薬剤師の求人サイトに登録して探す方が見つかりやすいです。

 なぜなら、薬剤師求人サイトでは高待遇の非公開求人も紹介してくれるからです。求人サイトでは専属のコンサルタントも在籍しているので、条件を教えるだけで希望通りの求人を紹介してくれます。その職場の詳しい情報も教えてくれるので、働き始めてから後悔することがありません。

休日がとれない

 薬剤師は需要のある仕事ですが、なかなか休日がとれない方もいらっしゃるのではないでしょうか。やはり仕事を充実させるためにはどうしてもしっかり休み、仕事へのエネルギーを蓄える必要があるため、休日はとても大事だといえるのでしょう。休日をとれない、体がだるく、疲れが取れなくなっていくだけではなく、心理的な面での影響も考えなくてはなりません。

 イライラしたり、眠れなかったり、といった症状が出てくることで心の病へとつながることもありますから、決して症状を見過ごしてはいけないのです。見てみぬふりより、まずは1度立ち止まることも必要でしょう。

 そんな薬剤師が働く環境にお悩みの場合、思い切って転職をする、という方法もあります。もともとそういう風習が残っている職場を変えるのは難しくとも、最初からきちんと考えてくれているところを探すことでよりよい労働環境を実現させるのです。

 きっかけとしては休みがとれないことって重要なことですから、働く環境を考えてくれるところへと移るのも1つの方法でしょう。なかなか決心がつくまでに時間がかかるかもしれませんが、昔から体が資本だといわれているように健康でなければ充実した生活は送れないのです。